社会医療法人みゆき会

新理事長挨拶

〜理事長就任のご挨拶〜

社会医療法人みゆき会
理事長 武井 寛

平成29年10月1日をもって新理事長に就任いたしました。当みゆき会の前身である蔵王みゆき病院の開設者・原田順二前理事長の退任に伴い、山形大学医学部蔵王協議会(会長 嘉山孝正国立がん研究センター名誉総長 )様のご指導もいただき、その後を引き継がせていただくことになりました。身に余る重責でございますが、今後みゆき会、そして地域の発展のために誠心誠意、努力していく所存です。

さて、理事長が交代しても当会の理念である、「専門的医療サービス」と「地域のニーズに即した高齢者・各世代へのトータルケアサービス」を提供させていただくこと、に変わりはありません。少子高齢化に拍車がかかる現在、脳血管疾患、循環器疾患、肺炎、糖尿病、消化器疾患、血液疾患、そして骨折をはじめとした運動器疾患等によってご苦労されている患者様・利用者様に、より良い医療・介護を提供することが当会の使命です。のみならず、医療や介護に関わる費用の削減が急務であるとも言われている昨今、それら疾患の予防にも力を入れていかなければなりません。

脳梗塞、心筋梗塞、腎不全といった命に関わる病気の前段階が、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病であることはよく知られています。そして、健康寿命のみならず、寿命そのものも短くしてしまう可能性のある大腿骨頚部骨折、脊椎圧迫骨折などの原因が骨粗鬆症であることも最近認知されるようになってきました。子供時代からの塩分、脂肪、カロリーの過剰摂取といった食生活の乱れに運動不足が加わると、いわゆる生活習慣病(メタボ)になりやすいことはよく知られています。同様に、子供時代からのカルシウム摂取不足、無理なダイエットといった食習慣の乱れにやはり運動不足が加わると、将来の骨粗鬆症・筋力不足(ロコモ)そして骨折の発生に繋がってしまうことも最近広く知られるようになってきました。このように、中高年期から高齢期にかけて大きな問題を起こしかねないメタボやロコモは、すべて子供時代からの生活習慣、つまり食習慣と運動習慣に関わりがあります。

これら生活習慣の改善や見直しは、子供時代から高齢期にかけて常に行う必要があります。栄養学や運動生理学、そしてスポーツ障害の治療や予防法は常にアップデートされています。そのような専門的知識を身近に知っていただく場としても是非当会をご利用ください。特に運動習慣は一朝一夕に身につくものではありません。子供時代からスポーツに親しみ、成人してからも適切な形でスポーツに触れ合い続ける必要があります。みゆき会本部のある上山市には、2020年東京オリンピック・パラリンピックの高地トレーニング強化拠点施設である蔵王坊平アスリートビレッジがあり、また同市では上山型温泉クアオルト事業を推進しています。平成30年度にはその中核となる温泉保養施設がみゆき会病院の近くに建設されます。それらの事業にもみゆき会は積極的に参画して参ります。みゆき会は職員にもスポーツを奨励しています。みゆき会には現在柔道クラブ、そして花笠部(仮称)があり、職員の福利厚生、健康増進のみならず、それらスポーツを通した人づくり、地域づくりにも貢献しています。このように職員それぞれがみゆき会の事業を通して、また地域における活動を通して、職員個人も、みゆき会も、そして地域全体も共に成長、発展していけるような態勢を作っていきたいと考えています。

近い将来、IoTやAI、そしてロボットがますます進化、発展すれば、産業構造が変わってくるでしょう。地方で育った若者が職を求めて都会に出て行く、という流れは必ず変わります。これからのエネルギーがそうなると既に言われ始めているように、食べ物だけではなく、人材(=人財)も地産地消の時代を迎えるようになるのではないでしょうか。空気・水・食べ物が美味しい地域で正しい食習慣・運動習慣を身につけ、長じては生まれ育った地域で職を得、子育てを行いつつ社会貢献を行い、歳を重ねた後は安心・安全の医療・介護に身を委ねる。地域で生まれて育った後は、より若い世代と地域を育み、そして地域の土に帰って行く。そのような地産地消のお手伝いをみゆき会は行いたいと考えています。それが真の意味での「地域包括ケアシステム」であり、みゆき会の理念の一つである「各世代のためのトータルケアサービス」につながるものと信じています。

私が病院長を兼務するみゆき会病院の理想像は、患者様や利用者様、また中で働く職員、関連各企業の皆様にも、「効能があって、一度入ったらなかなか出たいと思えない、かみのやま温泉のような病院」というものです。単なる「ぬるま湯」ではありません。全てのスタッフが仲良く、そして少しずつ努力することによって、皆様に有益で、愛され、大事にされ、めまぐるしく変化する時代にも対応して進化を続けられる、そんな病院です。今後はみゆき会全体でそのような理想像を目指してまいりたいと考えています。「各世代のためのトータルケアサービス」を、今後も様々な形でバージョンアップしてまいりたいと考えております。引き続きご指導ご鞭撻いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

(2017年10月7日 記)