社会医療法人みゆき会 / みゆき会病院日本医療機能評価機構認定病院

このサイトならびに当病院へのご意見・ご要望はinfo@miyuki.or.jp

TEL:023-672-8282
文字サイズの縮小・拡大
縮小 標準 拡大

社会医療法人みゆき会 / みゆき会病院日本医療機能評価機構認定病院

PC表示 | スマホ表示 PC表示 | スマホ表示

平成29年度 第1回接遇改善委員会講演会 ~接遇マナーについて~
『日本の宿「古窯」女将 佐藤洋詩恵さんからご講演をいただきました』

去る9月21日(木)、接遇改善委員会主催で、日本の宿古窯の女将である、佐藤洋詩恵さんをお招きし、ご講演をいただきました。会場のみゆきホールには、100名以上の職員が集まり、熱心に耳を傾けていました。

写真_山形花笠まつり写真_山形花笠まつり

講演は、キャビンアテンダント時代のお話からスタート。飛行機が乱気流で大きく揺れた際、新人の「ビッグスマイル」が、〝安心感〟というお客様への最高のサービスであったことや、飛行機の中では運命共同体であり、どんな相手でも、生かし生かされているということを胸に、「相手を包み込む」愛情をもつことの大切さ、というお話からスタートしました。

接遇マナーを、不快感を与えないためのルールという狭い範囲ではなく、「愛情をもって 人に関わること」「その人の存在の重みをしっかり受け入れること」、そこから「双方向」が生まれ、仕事だけではなく、自分自身も充実した人生を送れることなど、ご自身の人生経験から沢山のエピソードを交え、とても分かりやすくお話し下さいました。

写真_山形花笠まつり写真_山形花笠まつり

後半では、「一つのいただいた命を、人のために使って生きること」についてお話いただ き、「察する力」を磨くことの大切さをご指導いただきました。昨今は、「ホスピタリティ」という言葉をよく耳にしますが、もう一度改めて振り返り考える良い機会となりました。 専門書等では学ぶことができない、佐藤さんの深い人生経験から湧き出た、沢山のお言 葉をいただき、職員一人ひとりが自分自身の心のもち方を見つめ直す貴重な時間をもつことができました。佐藤様、誠にありがとうございました。

写真_山形花笠まつり写真_山形花笠まつり