自立支援

ホーム > 紅寿の里のサービス内容 > リハビリテーション

 お食事 運動・行事 リハビリテーション 利用者様のお世話 その他サービス

充実したリハビリテーションスタッフ(理学療法士4名、作業療法士1名、言語聴覚士[非常勤]2名)が個別リハビリを中心に関わっています。

介護予防ではストレッチ、バランス、マシントレーニングなど利用者様にあわせて対応し、脳卒中後の麻痺の回復から膝や腰の痛みの軽減まで、質・量共に最高のものを目指しています。

ここで、リハビリをして楽しい、良かったと思っていただけるようがんばります。

リハビリテーションの種類

理学療法

 脳卒中などの病気から起こる麻痺や、膝の痛み、筋力低下などにより、起き上がることができなくなったり、歩くことができなくなったりすることがあります。このような動作を運動療法により、日常生活の中で安全かつスムーズに行なえるように練習・指導します。

 また、日常生活に支障をきたした場合、今後の生活をご本人・ご家族様と一緒に考え、必要な身体作りや生活環境の工夫など、行なっていきます。

 介護予防は、運動指導士と共に日常生活動作と身体機能の評価を行っています。個々にあったプログラムを検討し、パワーをつけ、転倒しにくい体を作ることを目標に指導を行っています。

写真_理学療法    写真_理学療法    写真_理学療法

作業療法

 身体・精神に障害がある利用者様に対して、基本動作能力、生活動作能力、を中心に維持・改善する目的で、具体的な目標を持って個別リハビリテーションを行っています。

 また、書字練習・家事練習、難しい動作が楽に行なえるように道具の工夫をして提供しています。趣味活動、精神面(記憶・注意・認知面)についても必要に応じて練習を行いよりよい在宅生活・社会生活への援助をし、生活範囲の拡大ができるように支援していきます。 生活環境においては、障害があってもよりよく在宅でも生活できるように援助しています。

写真_作業療法

  

言語療法

 失語症のために言いたい言葉が出にくい利用者様も、構音障害があって声が出にくい、滑らかに話せない利用者様も、いろいろな方法でコミュニケーション力を養っていきましょう。共感できたこと、分かり合えたことの喜びを感じていけるよう援助させていただきます。

 また、食物をうまく飲み込めない、むせる利用者様は、食物を口から摂る力を維持できるよう、口腔器官(舌や唇、頬、咽頭など)の運動を一緒にやっていきましょう。

 日常生活を少しでも快適に過ごせるよう援助させて頂きます。

リハビリテーションの目的と活動

日常生活動作能力の維持・改善

食事動作

 食べやすいように食事の前に姿勢を整える。

 口の中を刺激し、肩や首の筋肉をほぐすことによって飲み込みやすくする。また自分で食器を持って食べる ために箸やスプーンの工夫をするそれら一連の動作。

排泄動作

 ズボンの上げ下げや後始末(拭く動作や水を流す等)、トイレへの移動等の動作。

写真_排泄動作

入浴動作

 お風呂場へ移動することから、着替え、浴槽への出入り、体や頭を洗うこと等の動作。

写真_入浴動作  写真_入浴動作

更衣動作

 上着を着ること、ズボンをはくこと。また、ボタンやファスナーのはめはずし、靴下や靴、装具等の脱ぎ履き等の動作。

整容動作

 歯を磨く、口をすすぐ、顔を洗う、髪をとかす、爪を切る、髭をそる、化粧をする等の動作。

写真_整容動作  写真_歯を磨く

このページの先頭へ戻る

関節が動く範囲の維持

関節可動域練習

 刺激を加え筋肉を正しい方向に伸ばすことで、身体を柔らかくし、動きやすく します。 関節の動きを広げることにもつながり、痛みを和らげます。また関節の動きを良くすることで筋肉が十分働くようにもなります。

写真_関節可動域練習  写真_関節可動域練習

このページの先頭へ戻る

下肢の筋力維持・向上

 弱くなっている筋肉のために姿勢が悪くなり歩くのが大変になっていることがあります。

 効果的なトレーニング方法を指導し、動作の安定や痛みの改善につなげていきます。

写真_筋力トレーニング

このページの先頭へ戻る

バランス機能の維持・改善

 バランスは、歩行能力に密接に関係しています。そのため、バランスの低下はつ まずき・ふらつきをまねき、転倒事故に結びつく可能性があります輪入れやキャッチボールを行うことで左右や前後方向へのバランスが整えられます。また、歩行がある程度行える方には、不安定な場所での歩行練習を行い、バラ ンスの向上に努めております。

写真_バランス機能維持・改善

このページの先頭へ戻る

上肢筋力、手指巧緻性の維持・向上

 病気により、腕に力が入りにくい方や、指の細かい動きが難しくなっている利用者様に対して、筋力をつけたり、指のスムーズな動きを促す練習を行います。その一つとしてペグなどの訓練用の器具を用いたり、ネット手芸などの作業で、楽しみながら指の動きの練習を行うこともあります。

写真_上肢の筋力の維持・改善

写真_上肢の筋力の維持・改善

このページの先頭へ戻る

呼吸リハビリ

 肺の病気などで充分に酸素 が取り入れることができなかっ たり、呼吸が常に苦しいという 方に対し、吸う動作は腹式呼吸で、はく動作は口をすぼめて 行う練習などを行います。

 また、日常動作においては、呼吸が苦しくないように、生活指導や、楽に痰を出す方法の指導等も行っております。

写真_呼吸リハビリ

このページの先頭へ戻る

福祉用具へのアドバイス

 日常生活が過ごしやすくなるために福祉用具のアドバイスも行っています。例としてうまく歩けない利用者様に対して靴や杖の提供を行います。また、食事場面でつかみやすいスプーンや箸などの自助具を導入したり、姿勢が傾きやすかったり、円背がある利用者様には身体にあったテーブルや、座位クッションの提供を行っています。

写真_福祉用具  写真_福祉用具

 お食事 運動・行事 リハビリテーション 利用者様のお世話 その他サービス

 この画面の上へ