看護学生実習受け入れについて(訪問看護ST)

かみのやま訪問看護ステーション 
所長 中川陽子 

看護学生実習受け入れST01 

この度、かみのやま訪問看護ステーションで、「独立行政法人国立病院機構山形病院附属看護学校」からの看護学生実習がありました。訪問看護では医療機関とは異なり、ご自宅が療養の場でありご家族を含めた指導が大切です。在宅での看護を知ることは、医療機関での看護に携わるうえでも、とても重要です。看護学生の皆さんに、多くの事を学んでいただけるように、事業所としても頑張っていきたいと思います。看護学生の皆さん、素敵な看護師を目指し、頑張って下さい。

0501_看護学生実習受け入れST02

 

『学生からのコメント』 

  • 訪問看護は自宅が療養の場であり、ご利用者を一番近くで支援するご家族への支援が大切だと感じました。服薬管理や栄養管理などもご本人だけでなく、ご家族への指導も大切な事を学びました。
  • 在宅看護は、年齢も幅が広く疾患も様々であるため、幅広い知識や適確な判断力・アセスメント力・観察力などがとても必要になることが解りました。
  • 病院と違って、24時間医療者がいない、また医療物品が不十分な自宅において、どのような関わり方が大切なのか、住み慣れた場所でその人らしく生活できるのかを考える実習となりました。
  • 今回の実習を通して、訪問看護師の役割を学び、とても興味を持つきっかけとなりました。 今後、しっかり知識や技術を身に付けて、将来訪問看護師として働くことも、1つの目標にしたいと思います。


看護学生実習受け入れST05