みゆき会では、女性が職業生活においてその希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するため、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づき、下記の行動計画について策定をしましたので、お知らせいたします。

女性活躍推進法第15条に基づく特定事業主行動計画

社会医療法人みゆき会(以下「みゆき会」という)に勤務する職員が、仕事と子育て(家庭)を両立させながら、自身の能力を十分に発揮できるように、さらに、みゆき会の女性職員が、その個性と能力を十分に発揮できるように、みゆき会は、働きやすい職場環境を提供し、次世代育成支援について地域に貢献する企業となるため次の行動計画を策定する。

計画期間

平成28年4月1日~平成31年3月31日

目標1

女性活躍推進法数値目標

所定時間外労働の削減

対策(平成28年4月~)
職場ごとの時間外労働時間の把握、短縮のための方策を安全衛生委員会にて検討

  • 各事業所あるいは各部署で、週1回「ノー残業デー」を実施
  • 残業時間が20時間を超える労働者数をゼロにする
  • 「カエルバッジ」による「定時でカエル宣言」
  • 管理職会議での周知

目標2

働く職員の妊娠・出産・育児・介護に関する諸制度及び賃金の取り扱いについての周知を図る

対策(平成30年4月~)

  • 職員向け掲示板にパンフレット等を掲示し、職員への周知を図る
  • 法人本部に相談窓口を開設し周知、随時の相談を受ける
  • 管理職会議での周知

目標3

年次有給休暇の取得促進

対策(平成30年4月~)

年休取得に関する制度の積極的な把握

  • 昨年度取得率が低い職場を調査、原因と対策を検討
  • 昨年度取得日数ゼロの職員への個別の声掛け
  • 管理職会議での周知

現在既に取り組んでいること

  1. 育児休業取得者への定期的な情報提供
  2. スムーズな職場復帰のため、育児休業からの復帰予定者との事前の電話及び面談により、復帰時期、復帰時の配属、勤務時間等への希望聴取の実施
  3. みゆき会病院の看護部を中心に、ワークライフバランス推進委員会を立ち上げ、現状の把握と分析を行い、目標を掲げて取組みを進めている

女性活躍推進法第17条に基づく情報の公表

年度

女性の
採用
割合

職員の
女性
割合

超過
勤務
の状況
職員一人当たり平均時間(月)

年次
有給休暇の取得率

男女別の
育児休業取得率

管理職の女性割合

公表日

平成
28年度

52.6%

68.9%

5.7時間

42.9%

0%

100%

51.5%

平成
29年
4月

平成
29年度

71.4%

69.1%

5.4時間

43.0%

0%

100%

44.7%

平成
30年
4月