「地域包括ケアシステム」について

地域包括ケアシステムとは、全ての住民が住み慣れた地域で安心して〝自分らしい生活〟を送れるよう、医療と介護の一体的なサービスを提供し地域全体で支える仕組みです。みゆき会は、みゆき会病院の医療を中心に、多様な介護施設や在宅サービスを整備し、地域包括ケアシステムの一翼を担い地域の皆さまに貢献していくという理念を掲げ医療・介護サービスを提供しています。

地域包括ケア病棟とは・・・ 

地域包括ケア病棟とは、(1)急性期の治療が必要な方、(2)急性期を過ぎて症状は安定したものの、すぐには自宅への退院に不安のある患者さまが対象となります。治療や入院療養を継続しながら在宅復帰に向けた準備を整えるための病棟です。医師・看護師・リハビリスタッフ・医療ソーシャルワーカー等が患者さまやご家族と協力して、効果的にリハビリや退院支援を行い、在宅復帰に向けての相談・準備を行い、地域包括ケアシステムの理念のもと、必要な医療やリハビリを切れ目なく提供できるようにサポートさせていただきます。

対象となる患者さま

◇入院治療が必要な患者様
◇入院治療により症状は改善したが、もう少し経過観察が必要な場合
◇継続したリハビリが必要となる場合
◇退院へ向けた療養準備が必要な場合 など

入院期間について

入院期間は、状態や主治医の判断(治療状況)によって異なりますが、地域包括ケア病棟入室後、最長60日です。安心して退院していただけるよう、退院後に戻る先、患者さまの病状に合わせて調整いたします。

入院費用について

1日あたりの入院費用は定額です。入院基本料、薬、簡単な処置料、検査料、リハビリ料などの費用が含まれます。月の医療費の負担条件が定められていますので、一般病棟と負担上限は変わりません。

※急性期病棟と同じく、医療保険や高額療養及び限度額認定の対象となります。
※差額ベッド代・病衣・おむつ代など、保険診療対象外のものの費用は含みません。

入院から退院までの流れ 

地域包括ケア病棟に入院・転棟していただく場合は、主治医が判断し患者さまやご家族にご提案させていただきます。ご了解いただいた患者さまは、地域包括ケア病棟へ入院となります。在宅復帰をスムーズに行うために「在宅復帰支援計画」に基づいて、リハビリや退院へ向けての準備・支援を行います。

180605-1 

お問い合わせ先 

社会医療法人みゆき会 みゆき会病院 地域医療連携室
023-672-8282(代表) 平日 8:30~17:00 

180605-2