内科は呼吸器、循環器、消化器、糖尿病、血液内科等の専門医師が常勤しており肺炎、気管支喘息、睡眠時無呼吸症候群、心不全、不整脈、狭心症、胃腸炎、胆石、膵炎、大腸ポリープ、糖尿病、貧血、白血病等それぞれの専門疾患について診療に当たっています。また外来では脳神経外科の専門医師も診療を行っており、山形大学医学部附属病院とも連携し多岐にわたる疾患に対応可能な体制をとっています。いくつかの病気をお持ちの高齢の患者様にも各専門スタッフが連携し、安心・安全な医療の提供を行っています。

検査ではCT、MRIにより脳梗塞や肺がんなど悪性腫瘍の診断、超音波検査により心不全、心臓弁膜症、腹部(肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓)疾患の診断が可能です。また胃、大腸の内視鏡検査や治療(ポリープ切除術)も行っています。

また、脳梗塞や悪性腫瘍、慢性疾患による体力低下など、長期入院を要する患者様へは、地域包括ケア病棟・回復期リハビリ病棟・療養型病棟とそれぞれ特色を有する病棟を利用頂き、医師、看護師、介護士、リハビリ療法士(PT,OT,ST)、医療福祉相談員などを含めチームとして、最善の医療を提供できるよう務めさせていただいております。