食べ物の消化・吸収・代謝、排泄に繋がる口から胃~肛門までの消化管と肝臓、胆のう、膵臓などの臓器です。体への負担が少ない極細径内視鏡で、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)や下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)を積極的に行っております。 

医師紹介

  • 三沢慶子Dr_2
  • 三沢 慶子 Keiko Misawa

    診療部副部長(内科) 3階東病棟担当

    Message

    消化器内科が専門ですが、内科全般の診療のほか、癌などによる症状を和らげるための緩和医療や、認知症治療にも取り組んでおり、患者様の生活を支える医療を目指しています。

  • 専門分野

    消化器

    所属学会・受賞歴

    ●日本内科学会 認定医
    ●日本消化器病学会 専門医
    ●日本消化器内視鏡学会
    ●日本肝臓学会

  • 三沢慶子Dr_3

主な疾患と治療

苦痛の少ない経鼻内視鏡検査を導入し、食道癌や胃癌といった悪性病変の早期発見に努めております。 胃炎や、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、ひいては胃癌の原因となるヘリコバクターピロリ菌の除菌治療を積極的に行っています。
逆流性食道炎や、器質的異常が無いにも関わらず胃の調子が悪いといった機能性胃腸症に対しても様々なアプローチから治療を試みています。

詳しい検査のご案内

下部内視鏡検査による大腸癌の早期発見に努めております。
安全を考慮し、入院下での内視鏡的大腸ポリープ切除術を行っております。
潰瘍性大腸炎などの慢性炎症性疾患や、便秘をはじめとした便通異常に対して、生活指導、内服加療を行っております。

詳しい検査のご案内

腹部超音波検査、CT、MRIといった画像検査を迅速に実施し、悪性疾患の早期発見に努めております。
B型肝炎、C型肝炎、原発性胆汁性胆管炎といった慢性肝疾患に対する内服加療や定期検査、脂肪肝やアルコール性肝疾患といった生活習慣に起因する肝疾患についても生活指導や内服加療を行っております。
胆石、総胆管結石などに伴う胆嚢胆管炎や、膵炎に対する保存的治療を行っております。

各種癌を中心とした疾患に対する痛みのコントロールや緩和ケアに力を入れています。