• 身体への負担や精神的苦痛の少ない、極細径内視鏡での検査です。検査の詳細につきましてご不安なことがあれば、主治医・看護師に何でもおたずねください。
  • 下部消化管内視鏡検査でのポリープ除去術では、患者様の安全・安心を考慮し入院での対応を行っております。
  • 当院は「山形大学医学部消化器内科(第二内科)」と連携し、検査・治療その他生活面でのご心配など、消化器領域での総合的な医療・患者様に寄りそった幅広い対応を目指しております。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

方法

先端に高解像度のCCDカメラが付いた内視鏡を口あるいは鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸を観察する検査です。必要に応じ、組織検査を行うこともできます。熟練した医師により短時間で詳細な検査を行います。みゆき会病院では、口(経口)からでも鼻(鼻腔)からでも、極細径内視鏡により違和感の少ない体に優しい検査を行っています。

内視鏡機器について詳しくはこちら

胃カメラ01

特徴

極細径内視鏡を用いた違和感の少ない、肉体的・精神的苦痛の少ない優しい検査です。

  • 熟練した医師が精度の高い検査を行います。
  • 検査後に、検査した医師から検査結果の説明があります。
  • ご希望があればご相談のうえ、鎮静剤を使用しての検査を行うこともできます。
    ※検査予約時に医師にご相談下さい。

検査の流れ

1. 検査予約

外来受診していただき、検査日の予約を取ります。

2. 検査前日

検査前日は禁酒し、夕食を午後8時までに済ませ、その後は飲食しないで下さい(お水は飲んでも結構です)。内服しているお薬は、いつも通りお飲みください。

3. 検査当日

飲食(水を除く)、喫煙、薬の摂取はしないで下さい。検査終了までは一切食事は摂れません。
※常用薬がある場合は、事前に医師にご相談下さい。

来院されましたら、受付で予約票をお出しいただき、内視鏡検査室の前でお待ちください。

4. 検査の準備

胃をきれいにするため、泡を少なくする薬剤を服用します。また、口からの場合は喉にスプレーで局所麻酔をします。

鼻からの場合は、鼻腔を広げるための薬剤やゼリー状の麻酔薬を使います。準備が出来たら検査台に、左側を下にして横になります。

検査時間は約5分~10分程度です。

胃カメラ02

5. 検査後

  • 検査結果の説明と今後のご案内を行います。病理検査やピロリ菌の検査を行った場合は1~2週間後に説明を聞いていただくために来院いただく必要があります。その後、除菌を開始することが出来ます。
  • 1時間程度は、喉の麻酔が効いていますので飲食は控えて下さい。飲水やうがいもしないで下さい。
  • 鎮静剤を使用した場合は、検査後1時間程度(鎮静剤の効果が無くなるまでの間)ベッドで休んでいただきます。その場合は、ご自身での自動車や自転車でのご来院はご遠慮ください。帰宅後も、当日の運転はお控え下さい。

検査費用の概算(健康保険3割負担の方)

診察料・血液検査等

2,000円~4,000円

内視鏡検査(検査のみ)

約4,000円

病理細胞検査(追加費用)

3,000円~6,000円

ピロリ菌検査(追加費用)

約700円

合 計

6,000円~15,000円

*1割負担の方は、上記の3分の1になります。
*鎮静剤の使用などにより若干異なります。

ご不明な点は、みゆき会病院 医事課までお問い合わせください。
代表:023-672-8282

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

患者様の安心・安全を考慮し、大腸ポリープ切除術については入院での治療を行っています。

下剤(腸管洗浄剤:約2ℓ)を数回に分けてお飲みいただき、大腸の洗浄を行います。下剤の使用方法については看護師より十分にご説明しますが、ご不安な場合は外来までご連絡ください。

方法

先端に高解像度のCCDカメラが付いた内視鏡を、肛門から挿入し、盲腸まで進めて行きます。

内視鏡機器について詳しくはこちら

大腸カメラ01

特徴

  • CCDカメラからモニターに映し出される画像を見ながら観察します。切除可能なポリープ等が見つかった場合は、入院していただき安全・安心にポリープを切除しポリープの病理検査を行います。検査時間は約20分ですがお身体の状態によって異なります。
  • ご希望があればご相談のうえ、鎮静剤を使用しての検査を行うこともできます。
    ※検査予約時に医師にご相談下さい。

検査の流れ(外来での検査)

1. 検査予約

外来受診していただき、医師と相談のうえ外来検査日の予約をとります。
看護師から、当日までの流れと服用中のお薬などの確認を行います。
※検査日が近づきましたら、激しい運動やアルコールの摂り過ぎに注意してお過ごしください。

2. 検査前日

夕食を午後8時までに済ませ、水分を多く摂って下さい。

3. 検査当日

朝食は食べられません。お水はお飲みいただけます。

来院前に、ご自宅で下剤(腸管洗浄剤)を飲んでいただきます。看護師の指示通り、時間をかけて下剤を使用してください。

下剤の飲み方についてご心配な場合は、直接お電話で飲み方についてご指導・ご説明させていただいています。また、どうしてもご不安な場合は検査当日に直接ご来院いただいて、飲み方のお手伝いをさせていただきますので外来までご連絡ください。

 

4. 検査の準備

  • 検査用の紙パンツ、検査着に着替えていただきます。
  • 準備が出来たら左側を下に横向きになります。
  • 肛門から盲腸まで、カメラを挿入し観察します。検査時間は約20分です。

大腸カメラ02

5. 検査後

  • 医師から、検査結果の説明と今後のご案内を行います。
  • 検査後は、激しい運動は避けて下さい。
  • 鎮静剤を使用した場合は、検査後1時間程度(鎮静剤の効果が無くなるまでの間)ベッドで休んでいただきます。その場合は、自動車や自転車でのご来院はご遠慮ください。帰宅後も当日の運転はお控え下さい。

6. 入院してのポリープ除去を受ける場合

  • ポリープの除去をする場合は、安心・安全を考慮し入院(2泊3日)での切除となります。医師と改めてご相談していただき、入院日の予約を行います。
  • ポリープを切除された方は、数日間、飲酒や食事内容の制限があります。
  • また、ポリープを切除された方は、1週間ほど運動や遠方への外出・旅行などを制限させていただく場合があります。

検査費用の概算(外来での検査の場合)

診察料・血液検査等

2,000円~4,000円

下部内視鏡(検査のみ)

約5,000円

病理細胞検査(追加費用)

4,000円~7,000円

合 計

7,000円~16,000円

*1割負担の方は、上記の3分の1になります。
*鎮静剤の使用などにより若干異なります。

ご不明な点は、みゆき会病院 医事課までお問い合わせください。
代表:023-672-8282