薬剤科のご紹介

 

薬剤師写真

 

薬剤科では、患者様が安心・安全に薬物治療を受けられるように、処方されたお薬の調剤や製剤業務、医薬品の適正使用の推進と医薬品情報・薬品の管理や患者様への服薬指導を行っております。

また、多職種と連携・協働し、医療チームの一員として院内感染対策ICTラウンドや、褥瘡対策チームのNST活動を積極的に行っております。

 薬剤科 吉田 滋穣

業務のご紹介

1. 調剤業務

調剤は、処方されたお薬の用法や用量、複数のお薬の飲みあわせ、患者様の検査値のチェックなどにより、疑問がある場合には必ず医師に問い合わせを行い、安全性を最優先した調剤を行っております。

2. 注射調剤業務

医師の発行する注射処方箋に基づき、処方内容をパソコン入力しラベルの発行を行い、1日分ずつ患者様ごとに、点滴及び注射薬を調剤しております。

3. 病棟業務(薬剤管理指導業務)

入院患者様の病室を訪問し、手術前後の点滴、服用されているお薬の説明、副作用の確認を行っております。
安全性と共に、患者様が安心して治療を受けられるよう、丁寧な説明を通じて、ご不安の軽減に努めています。

4. 医薬品情報業務

医薬品情報室(DI室)では、医薬品に関するさまざまな情報収集・情報提供を行っております。
最新の医薬品情報を収集し、医師、看護師、他の医療スタッフに最新で正確な情報を伝えることにより、患者様に安心・安全な医療を提供できるように努めております。

5. チーム医療

医療専門職種が、それぞれの専門分野の知識を活かし、活動を行っております。
薬剤科では、感染制御チーム(ICT)及び栄養管理褥瘡対策チームに参加し、薬物療法の観点から多職種と連携し、患者様の効果的な治療、院内の安全性の確保に寄与しております。

  •  
    ICT委員会4
  •  
    ICT委員会2

6. 製剤業務 

医師の指示に基づいて、市販されていない薬剤の調整を行っております。
院内製剤には、軟膏剤、消毒薬などがあります。

7. 医薬品管理業務

医薬品が適正に使用されるために、薬の購入、在庫、供給、品質等の管理を行っております。

8. その他

入院中に、安心・安全に治療ができるよう、入院時の持参薬の確認作業を行っております。
また、手術を予定している患者様については、手術前には中止しなければならないお薬もある為、服用薬剤の鑑別をしております。