虫歯、歯周病、歯の痛み、顎関節症など、歯科全般にわたり診療を行います。

レーザー治療、入れ歯調整、クリーニング、ホワイトニング、フッ素塗布などを行っています。

子どもから高齢者まで、すべての年齢の方を診療いたします。
入院中の口腔ケアや歯科治療も行っており、全身麻酔手術の患者様には口腔の管理を行います。また、在宅や介護施設へも訪問歯科診療を行っていますので、通院が困難な場合などはお気軽にご相談下さい。

医師紹介

  • 齋藤一央医師1
  • 齋藤 一央 Kazuo Saito

    診療部長(歯科)

     

  • 専門分野

    虫歯、歯周の腫れ、痛みなど歯科全般

     

 

  • 佐藤Dr01
  • 佐藤 尚紀 Naoki Sato

     

    Message

    皆様の口腔内の健康を手助けできる様、日々診療します。

  • 専門分野

    虫歯、歯周の腫れ、痛みなど歯科全般

  • 佐藤Dr02

主な疾患と治療

疾患について

歯周組織に原発し、歯周組織を破壊し、その機能を侵す病的状態をいう。そのほとんどはプラークの細菌が原因となって生じた炎症性疾患である。

症状

歯ぐきの腫れ、痛み、咬合痛、歯の動揺、出血

検査

X線検査、歯周組織検査 など

治療

検査結果をもとに治療内容と順序を立案する。歯周基本治療として、プラークコントロールとスケーリングを行う。必要に応じて、D.D.Sによる炎症軽減、保存不可能な歯の抜歯を行う。また、咬合性外傷による処置として咬合調整や暫間固定、歯冠修復と欠損補経を行う。さらに、歯周組織検査による比較・検討し修正を行う。さらには、SWP、歯周外科手術を行い改善を図る。

疾患について

細菌の産出する酸により、歯が侵蝕される状態。進行することで歯髄炎を引き起こす。

症状

初期は無症状、痛み、咬合痛

検査

X線検査、EMR、など

治療

う窩の大きさにより、充填からFMCまで選択し、歯冠修復を行います。症状によっては、抜髄あるいは感染根管治療を行います。

疾患について

顎関節や咀嚼筋等の疼痛、関節音、開口障害ないし顎運動異常を主要症状としている

症状

痛み、歯ぎしり、肩こり、疲労感、耳鳴り、運動障害など。

検査

X線検査、MRIなど

治療

病態や症状により、薬物療法、スプリント療法、行動療法を併用して行う。