皆様は背骨の病気というと何を思い浮かべるでしょうか?患者様からは「私はヘルニアでしょうか?」とよく尋ねられます。腰椎椎間板ヘルニア、たしかに背骨の病気の代表的なものです。しかし、背骨の病気はもっともっとたくさんあり、いえ、無限にあると考えています。「腰が痛い!」この経験をされた方は日本人の半数以上いると推定されています。ひとたび腰が痛いといっても様々な原因があります。少年期スポーツ障害である腰椎分離症から成人に多い腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、また、高齢になってくると増加してくる骨粗鬆症による脊椎椎体骨折など様々です。また、特定の原因に起因しない「非特異的腰痛」といものもあります。このように「腰が痛い!」と言っても患者様によって原因は異なります。その患者様に合わせた医療が提供するように日々の診療をおくっています。

 背骨が悪くなって生じる症状もたくさんあります。腰が痛い、首が痛いのみならず、手足が痛くてしびれる、そのために長く立っていられない、歩けない、手足が使いづらいなどが代表的な症状です。その他にも腰が曲がってくることによって胸がむかむかする、などの症状もあります。その症状について診察室での診察を経て、レントゲン、MRIなどの検査を行い診断を下しています。そして患者様にあうと思われる治療法をいくつか提案させていただくようにしています。

 当センターでは小児期の脊柱変形である脊柱側弯症をはじめ、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症、成人脊柱変形(腰曲がり、首下がりを含めて)、骨粗鬆症性精椎体骨折などあらゆる疾患に対して最新の治療をお届けしております。 また、対応困難な病気に対しては山形大学整形外科の脊椎脊髄診療班と連携して治療にあたっています。ご自身の背骨に不安のある方、お気軽にご相談に来てください。

社会医療法人みゆき会 みゆき会病院 整形外科 杉田 誠