椎体形成術

骨粗鬆症のため弱くなった背骨には、軽微な外傷や前屈みになっただけでも圧迫骨折が発生する事があります。圧迫骨折が生じると強い腰や背中の痛みのため、寝返りすら困難になってしまいます。

通常は一定期間の安静やコルセット治療を行いますが、背骨の骨折がいつまでたっても治らない場合があります(偽関節)。
この偽関節を治すためには、従来比較的大きな侵襲を伴う広い範囲の固定術や脊椎骨切り術が行われていました。
高齢である事が多い患者様の身体になるべく負担をかけず、なおかつ早期に動けるようになっていただく事を目的に、当センターでは、皮膚から針を挿入し、特殊な風船を骨折した脊椎の中で膨らせた後、セメントを充填して変形した背骨を矯正しながら骨の中を固定する椎体形成術(BKP: Balloon kyphoplasty)を取り入れています。
骨折による不安定性が一瞬にして治まるので、その効果は絶大です。
ただしこの手術は、すべての圧迫骨折に対して施行できるわけではなく、骨折の急性期やつぶれた脊椎が神経を圧迫している場合には施行できません。
また、手術で骨粗鬆症自体が治るわけではないので、手術後も骨粗鬆症の治療をしっかり続けていく必要があります。


<KYPHON BKP骨セメントHV-R
 (メドトロニックソファモアダネック株式会社)を用いたBKP手術>

椎体形成術

内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術 

小さな傷口ですむ、椎間板ヘルニアの手術療法です。

内視鏡下での手術により、従来法に比べ、切開の範囲を小さくすることが可能となり(18mm程度)、また腰の筋肉に対するダメージも少なくなるため、患者様の早期離床・回復、痛みの軽減が可能です。


<Medtronic Spine社製METRx
 による内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術>

内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術01

<術後1週間の手術創>

内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術02

特発性側弯症

未だにその原因は不明ですが、多くの場合思春期に発症・悪化します。 約9割は女の子に発症します。

「せぼね」(脊柱)が、ねじれを伴って曲がっています。このため肩の高さやウエストラインの高さに差があらわれ、身体が左右非対称性になってしまいます。お辞儀をしたときの背中や腰の高さにも左右差が出ます。多くは思春期に進行します。40°近くになると服の上からも目立ってきます。

<放置した場合の危険性>

側弯の進行は、通常成長の終了とともに停止しますが、腰椎では30°以上、胸椎では40°以上の場合、成長終了後も進行します。60°を越えると肺活量が低下し、90°だと2分の1、さらに悪化すると肺障害を起こし、死亡の原因となることがあります。

曲がりが強くなると上半身と下半身の重心軸がずれ、身体のバランスが崩れることによって歩行障害、腰痛、背部痛等をきたすことがあります。

女性では出産後、授乳期に身体のカルシウムバランスが乱れ、変形が進行します。 将来骨粗鬆症が生じた場合、変形がすすみ、日常生活に大きな支障をきたす可能性があります。

<側彎症の治療>

成長終了前で40°未満であれば、装具療法で進行を予防出来ます。ただしこの場合、長時間、長期間の装着が必要です。体操など、他の治療法の効果は科学的に証明されていません。 40°を越えてしまった場合には、美容面と進行予防の目的で手術を行います。

<14歳女性 特発性側弯症>

内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術

変性後側弯症 

側弯症を治療しなかった場合、長年にわたり腰に負担がかかり続けた場合、骨粗鬆症が進んできた場合などに生じます。
腰が曲がり、身体のバランスをとることが難しくなるので、長い時間立っていたり、歩くことが難しくなってきます。
姿勢を保つために腰や背中の筋肉に負担がかかり、腰痛や背中の痛みが生じます。 曲がった「せぼね」の中で神経が圧迫されると臀部から足にかけての痛みやしびれが発生します。 腰の曲がりが進むと内蔵に圧迫が加わり、逆流性食道炎などの消化器症状があらわれます。

<変性後側彎症の治療>

装具療法(コルセット)や体幹の柔軟性や筋力を鍛えるリハビリテーションを行います。

痛みやしびれに対しては内服薬、座薬、湿布などを用います。

症状が強い場合は手術を行います。

年齢が若い、骨密度が高い、症状が比較的軽い、「せぼね」の変形の程度が軽いほど手術の負担は軽く、逆に高齢で骨粗鬆症が進行し、また症状や「せぼね」の変形が強い場合は手術の難度が増加します。

手術した後には1週間程度のベッド上安静と、その後ギプスや装具の装着が必要になります。

日常生活に復帰するには約6週間の入院が必要です

退院後も腰への負担は禁物です。特に草取りなど長時間前屈みになる作業はできるだけ避ける必要があります。

<63歳女性 脊柱後側弯症> 

 変性後側弯症01

 変性後側弯症02

CBT(Cortical bone trajectory)法 

Cortical bone trajectory(皮質骨軌道)法は、2009年にHynesらによって報告された新しい脊椎固定スクリューの刺入法です。
従来使用されていたスクリュー刺入法とは異なり、椎骨のより硬い部分(皮質骨)にスクリューが入るのが特徴です。

生体力学的研究では従来から行われてきた椎弓根スクリュー刺入法と同等以上の強度が得られるとされています。
この方法は、スクリューの刺入点が従来よりもかなり内側にくるため、スクリュー刺入に際して脊椎から剥離する筋肉の範囲をより少なくする事ができます。
そのため、従来の方法に較べて以下の様な利点があります。

1.出血が少なく手術時間も短縮されます。
2.創が小さく、筋肉のダメージも少ないため、術後の疼痛が少なく、回復も早まります。
3.固定性が強固のため、変形の矯正が従来法より良好に維持されます。
4.骨粗しょう症を合併している患者様に対しても比較的安全に適応可能です。

<Cortical bone trajectory(皮質骨軌道)法が適応となる病気>

●腰椎すべり症
●腰部椎間板ヘルニア
●腰部脊柱管狭窄症
●腰椎変性側弯症

<55歳女性 第4腰椎すべり症>

CBT(Cortical bone trajectory)法 

経皮的椎弓根スクリュー刺入法 

この方法は新世代の椎弓根スクリュー刺入法です。

従来、椎弓根スクリューを刺入するには背中の筋肉を背骨から広く剥離する必要がありました。
しかしこの方法では、椎弓根スクリューが小さな創から経皮的に挿入され、椎弓根スクリューを連結するロッドもやはり小さな開創部から経皮的に挿入・設置されるため、より低侵襲的に脊椎の固定が実施できるようになりました。

本法の利点は以下の通りです。

1.出血が少なく手術時間も短縮されます。
2.創が小さく、筋肉のダメージも少ないため、術後の疼痛が少なく、回復も早まります。
3.前述のCortical bone trajectory(皮質骨軌道)法の適応が難しい仙骨の固定や、 腰椎分離すべり症にも適応する事が可能です。

<経皮的椎弓根スクリュー刺入法が適応となる病気>

●腰椎分離すべり症
●外側型腰椎椎間板ヘルニア
●腰椎椎間孔狭窄症

<DePuy社製 Viper2 による経皮的椎弓根スクリュー刺入>

経皮的椎弓根スクリュー刺入法